変化する好みのニーズ

変化する好みのニーズ貴方が小さな頃好きだった相手はどんな人でしたか?貴方が10代の頃に恋した相手はどんな人でしたか?貴方が20代、30代になって本気で恋した相手はどんな人でしたか? そして、その異性と出会ったときどんなところに惹かれますか?平安時代は通い婚、明治時代は見合い婚、昭和時代が恋愛婚と現代に近い結婚観となってきましたが、時代によって結婚観が変化しています。

時代の変化により結婚が自由に選択できる相手を選べるということにより、年代によっても相手に望むニーズが変わってきています。
たとえば10代、20代男性であれば共通の趣味や見た目がかわいい女性がタイプの方が多く、10代、20代女性はかっこいい、大人な男性がタイプの方が多いです。

またその上の世代の30代男性であれば生活力のある女性、料理上手な女性がタイプの方が多く、30代女性は育児を積極的にやってくれる、家庭と仕事のバランスをとってくれる人がいいという方が多い傾向があるなど好みのニーズが年代により大幅に変化します。
若いとき、出会いを楽しみ、恋愛を楽しんでいるときは、男女共に見た目を磨いていれば、その見た目で素敵な異性と出会える可能性は高くなります。

しかし、20代後半、30代に差し掛かってくるとたとえどんなに見た目がよかったとしても、30代の方が抱える好みのニーズを満たすことが出来ていなければ、長いお付き合い、結局は結婚に繋がる可能性は低くなります。

そのために、10代、20代、もちろん30代からでも出来ることは、10代の男女が見た目を研究して、化粧や髪型を整えたり、流行にのったり、自分のスタイルを確立するように、たとえば自分の好きなことに没頭してもいいですし、料理を勉強したり、社会情勢に精通したり、節約術を見につけたり、まずは自分の働いている会社でも役立つようなことを見につけましょう。
異性からみても輝いていて、魅力のある人になるために人間性を磨いてみてはいかがでしょうか?

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:意中の相手と仲良くなりたい!!そんな時どうしてますか?是非オススメなのがこちらの方法!!
2015.01.15