急がないこと

急がないこと出会いは、人のテンションをとても高めてくれます。
そうしたテンションの高い時期は、いつも以上に行動力が発揮されたり、積極的になれたりするものです。
どうしてそうした時期はテンションが高いのかと言えば、恋人ができたという喜びからだけでなく、そうして出会った相手との関係をより深めたい、距離を縮めてゆきたいという気持ちが強く働いているからでもあります。

出会いから間もなくは、基本的な情報交換は済んでいるものの、相手を「知っている」と胸を張って言えるほどにはまだ互いのことを理解してはおらず、だからこそ、知りたい、理解したい、仲良くなりたいという気持ちが強く働くものです。

それは、行動となって表れるのですが、そうした時期こそ、普段以上に気をつけて行動しなければなりません。
なぜなら、テンションが高い時期というものは、とかく勢いがあり、相手の都合を考えず、自分の気持ち優先で走ってしまうことが多いからです。
そうした気遣いのない行動が続くと、せっかくの出会いが水の泡になってしまいかねないので注意が必要です。

相手のことが知りたい、今より好ましい部分を見つけたい、仲良くなりたいという気持ちが強ければ強いほど、あなたはまず自分の行動に気をつける必要があるという訳です。
デートの機会を設けることも、電話やSNSを使って会話をすることも大切ですし、それらが二人の距離を縮めてくれることも確かですが、何ごとも急がず焦らず、相手のペースを思い遣って進めることが大切ですし、そうした方が二人の距離は縮まるものです。

「今大丈夫ですか」と、そうしたひと言をかけるだけでも、相手はあなたから思い遣ってもらえていることを実感できますし、そうしてくれるあなたのことを好ましい、愛しいと思ってくれるはずです。

ですから、恋人のことを知りたければ、今よりより理解したいのであれば、メールやSNSを使ってゆっくりと会話を進めることがお勧めです。
「返事は急がなくても結構です」といったひと言や、「お時間が出来た時に」といった一言を添えることで、相手はあなたからの思い遣りを感じることができ、あなたに対しても思い遣りを持って接したいと考えてくれるようになるはずです。
便利な時代だからこそ、急がず、あえてゆっくりとしたペースを選ぶことが大切であり、その方が相手の印象に残ることからお勧めの方法でもあるのです。
「急がば回れ」ということわざは、ダテではないのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:二人の関係を良好且つ距離を縮める方法。焦らず騒がず何をすればよいのかを詳しく解説。
2015.03.16