相手の話に耳を傾ける

相手の話に耳を傾ける出会いにどんなものを求めるのか、また、相手にどんなことを求めるのかは人によって違うことでしょう。
ですが、大抵の場合、一緒にいることの楽しさや、些細なスキンシップ、その延長線上にあるさまざまな感情の交換といったものを求めている人は少なくないのではないでしょうか。
交際は、ひとりではなく、二人だからこそできる何かを求めるものであり、そうするためには、二人の距離をできるだけ早く縮めるべきだと考える人は多いことでしょう。
出会いから間もなくは、互いの基本的な情報の交換は済んでいても、趣味や嗜好、その他のディープ情報については、互いのことをもっとよく知ってから開示したいと考え、その時を窺っていることから、二人の関係を深めるきっかけが欲しいと思っている人も多いはずです。

交際を始めたとはいっても、迂闊に自分の全てを晒してしまうのは怖いと考えている人もいることでしょう。
なぜなら、まだ全てを受け入れてもらえるほど関係が親密になっていないからでもあり、そこまで互いへの信頼度は高くない状態だからです。
更には、嫌われたくないという気持ちが強く働いている時期だからとも言えるでしょう。
ですから、出会いからできるだけ早く距離を縮めたい、仲良くなりたいと考えている人の多くは、どうすればそうできるのかと考えているのではないでしょうか。

ですが、そこで相手の生活ペースを顧みることなく会う機会を増やしたり、頻繁に電話をかけたりSNSで連絡を取り合うべきだと考えることは、反対に二人の間に溝を作ってしまう可能性があるので注意が必要です。
では、どうすれば良い雰囲気を保ったまま、関係を深めることができるのでしょうか。

互いの距離を縮め、関係をより良好にするためのひとつに「相手の話しを積極的に聞く」という方法があります。
人は誰でも、自分のことを知ろうとしてくれる、話しを聞いてくれる人に対して好感を抱くものですし、親しみを覚える傾向にあります。
ですから、自分にあった出来事や自身の考えについて話して聞かせることよりも、まず、相手にあった出来事を積極的に聞いてあげることが大切です。

そうした時も、ただ聞き流すのではなく、相手がどの部分について一番話したかったのか、聞いて欲しかったのかを聞き分け、それについてコメントをしてあげることが望ましいでしょう。
そうすることで、相手のあなたに対する好感度が上がるだけでなく、あなたに対してもそうしてあげたいという気持ちを持ち始めることでしょう。
恋愛においては、自分の方が相手より優しくあろう、労わる立場であろうと考えることが、関係をスムーズにしてくれるのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:二人の関係を良好且つ距離を縮める方法。焦らず騒がず何をすればよいのかを詳しく解説。
2015.03.16