ありったけの勇気を

ありったけの勇気を出会いは、ある日突然訪れるものと相場は決まっています。
もちろん、そのためにセッティングされている場へと赴き、段取りを整えた上で挑むことも可能ですが、そうした機会を望んでいる人たちが集まっている場だからといって、必ずしも出会いが訪れ、上手く交際へと発展するとは限りません。

むしろ、気合を入れて赴いたにもかかわらず、ピンとこなかったという人も多いのではないでしょうか。

このように、恋や交際といったものは頭の中で段取りを決めたようには上手くゆかず、思いもかけない時に訪れてしまったりするものなのです。
それは、いわゆる「ひとめ惚れ」であったり、些細なきっかけで友人や知人が恋愛対象へと昇格してしまうケースもあるでしょう。

どんなケースにしろ、訪れることを防ぐ手立てがない以上、あなたにできるのは訪れてしまったその機会に対し、上手く対処する方法を考えることです。

「これは恋だ」と気付いた時、つまりその機会が訪れた時、華やかで楽しい時間を直ぐにつかむことができるかどうかは、あなたの勇気にかかっています。
交際は、相手へと伝えなければ何も始まらず、それは両想いの場合でも変わりません。

ですから、片思いがどうか分からないケースであっても、相手もまた自分のことを思ってくれていそうなケースでも、「好きです」というひと言を伝えなければ何も始まらないのです。

そうしたひと言というのは、歯科医での待ち時間以上にハラハラドキドキするものでしょうし、まだ判明しない結果を思い、尻込みしてしまうこともあるでしょう。
ですが、伝えなければ、楽しい時間も、嬉しい時間も訪れることはなく、そればかりか苦しい時間が続くことにもなりかねないので、ありったけの勇気を使うことがお勧めです。

その勇気は、必ずや何らかの経験をあなたへと残してくれますし、それが相手へと伝わった時には、何倍もの喜びとなって返ってもくるので、不意にその時が訪れても、逃げずに勇気を持つことがお勧めです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:忘れたころにやってこられても困らない為に!!突然の出会いに備えて始めてみましょう自分磨き。
2015.04.13