時には堅実に

時には堅実に出会いの機会が訪れることを心待ちにしている人は多く、ですが、なかなか理想の人に出会えない、出会いの機会をセッティングしてもらっても、どうにもピンとくる人に行き当たらないという人も少なくないのではないでしょうか。

それは、あなたの中の「理想」が大きすぎるせいかもしれませんし、友人や知人、両親といった人たちの期待に応えようという気持ちが勝って、あなた自身の「恋をしたい」という気持ちが熟していないからなのかもしれません。

恋愛は、年齢や周囲の変化に流されてするものではなく、あなたが、自分の楽しいことや嬉しいこと、更には淋しいと思うことや悲しいことまでも分かち合える人が欲しいと願うその時に訪れるのが最良であり、自分の気持ちだけでなく、まだ見ぬ相手に対しても、そうしてあげたいという気持ちが芽生えた時にこそ、出会う準備が整ったということができるのです。

ですから、「同級生が結婚したから」「友達に恋人ができたから」という理由で焦って交際を始めようと考えるのは間違いですし、そうした理由で相手を選んでしまった場合には、往々にして上手くゆかないことが多いようです。
良い恋愛をしたい、誠実な恋をしたいと考えている人は、まず自分の気持ちと向き合うことが大切です。

恋というものに憧れているのか、誰かを愛おしみ、自分もそうされたいのかを考えることはとても大切ですし、そうした気持ちとしっかり向き合っておくと、「その時」が訪れた時に、今がそうなのかを見極める助けにもなるからです。

また、流されることなく自分の恋を探すことは、さまざまな無駄を省くことにもつながります。
それは、時間であったり、心の栄養だったりと人によって違いますが、もっとも目に見えて分かりやすいものは蓄えでしょう。

充実した恋愛のために使う蓄えと、流されて何となく始めてしまった交際にそれを使った場合とでは、心身の充実さに大きな違いが出てくるので、後悔のない投資ができる恋を見つけるためにも、まずは自分の気持ちと向き合うことがお勧めです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:忘れたころにやってこられても困らない為に!!突然の出会いに備えて始めてみましょう自分磨き。
2015.04.13