相手を思いやる気持ち

相手を思いやる気持ちいつも、自分の我儘で恋愛が終わってしまう、という方は、そろそろ同じ振られ方から卒業する頃です。
大人の出会いには今後の結婚も含めたお付き合いが考えられますので、一時のお付き合いで終わらない態度、言動が必要になります。
自分の恋愛経験をきちんと振り返り、同じ失敗を繰り返さないような反省が大切になります。

自分の我儘に気づいていながら、相手への思いやりを欠いて態度に表わしてしまう、またはそれを言葉にしてしまうなど幼稚な行動が続けば、長続きする恋愛にはなりません。
大人の恋愛はその場しのぎのものよりも、長く付き合える相手との出会いを求めています。
短絡的な思考の持ち主だと思われると、引かれてしまい長続きする恋愛になりません。

今後の長い将来を踏まえて、恋愛を楽しむことを考えれば相手への思いやりは不可欠です。
恋愛は、ひとりではできません。
片思いが恋愛と考える方もいますが、そこにある楽しさは妄想に近く、恋人と実際に一緒に過ごす時間と比べられるものではありません。
恋人とは、自分を100%理解してすべてを受け入れてくれる相手ではなく、自分を成長させてくれる要素のある人だと思いませんか。

我儘な性格を治すことは、自分の出会いの幅を大きく広げることに繋がります。
いつも自分の我儘を叶えてくれるだけの相手は、恋人になり切れなかったから今はお付き合いが続いていないのですよね。
我儘を控え、相手を思いやり、同じ考えを共有する、相手の考えに自分の気持ちを譲る事を覚えると、恋愛に限らず人間的にも成長できます。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛期間が短いと感じたことはありませんか?我儘なのかも知れません。人間的にも成長出来るので治してみませんか?
2015.04.20