自分本位をやめてみよう

自分本位をやめてみよう恋人になって欲しいと思える相手との出会いがあったのにも関わらず、自分本位の付き合いをしてしまう大人の方が増えています。
小さい子どもが親に対して我儘を言うような態度では、長い付き合いは考えられませんよね。
相手は恋人候補なのですから、自分が優位、相手が下位ということはないので、対等な付き合いができるように考え方を改めましょう。

親に甘える行為と、恋人に甘える行為は違いますよね。
自分の親なら叶えてくれることも、他人である恋人候補からすると単なる我儘に感じることが出て来ます。
それがどんな態度で言葉遣いなのか、過去の恋愛を省みて考えてみましょう。
せっかくの出会いを無駄にしないためにも、終わった恋の反省は必要です。

子どもじみた自分本位の態度は、恋愛関係を築く上では向いていません。
お互いに大人であり、ある程度の譲り合いができているからこそバランスのよい付き合いが望めるため、「私が」「俺が」というような態度や言葉遣いは避けた方が無難です。
いつでもお互いの話に耳を傾けられる余裕というものが大人の恋愛には必須なのです。

過去の出会いを振り返ると、なぜ自分が降振られて来たのか考えることができます。
いつも同じ台詞や相手の態度で相手から、または自分から付き合いを終わらせて来た方も、次の恋愛では同じ轍を踏まないような改善が必要なことはわかっていると思います。
楽しい恋愛をするには、自分本位の態度や言葉遣いは意識して避けるように心がけてみましょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛期間が短いと感じたことはありませんか?我儘なのかも知れません。人間的にも成長出来るので治してみませんか?
2015.04.20