許容範囲はひとそれぞれ違う

許容範囲はひとそれぞれ違う自分の許容範囲と、他人の許容範囲が違うことは理解しているでしょうか。
恋愛においても同じことが言え、出会いから自分のすべてを受けとめてもらおうというのはおこがましい話です。
どんな自分も受け入れて欲しいなら、相手のことも同じように受け止める必要があります。
自分の気持ちだけを押し付けるのでは、恋愛には至りません。

相手を自分が我儘と思うか、相手に自分が我儘と思われるか、そこが恋愛には大きな分岐点になります。
大人の恋愛なのですから「面倒臭そう」と感じられたら一線を引かれてしまうのは当然ですよね。
そこに「育ち」も現れますし、今後の付き合いの中でお互いの気になることが改善されるかどうかは会話や行動から判断できる範囲のことです。

ひと目ぼれ、という恋愛の形もありますが、出会いの印象とその後の印象が違った後、文句を言うのは我儘ですよね。
イメージの違いはしっかりと確認期間を設けることで避けることができるため、子どものような勢いだけの恋愛観も単なる我儘と考えられることもあります。
落ち着いた付き合いを求めるのであれば、勢いは捨ててしまいましょう。

自分の年齢を考えて、勢い任せの恋愛を地で行く大人は少ないと思いますが、そういった方が少なからずいるというのが現実ですので、そういった相手に出会いがあったときは、その勢いに巻き込まれないように自己防衛する必要があります。
相手を見極める時間をしっかり設けることで、相手の我儘度も把握できますので、落ち着いた判断をしたいですね。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛期間が短いと感じたことはありませんか?我儘なのかも知れません。人間的にも成長出来るので治してみませんか?
2015.04.20