格好良さのあり方

格好良さのあり方出会いからしばらくの間は、互いに素の自分をなかなかさらけ出すことができず、さまざまな部分を装って過ごしていることが多いのではないでしょうか。
それは、より好かれたいという気持ちからであったり、いきなりディープな部分を見せて驚かれたり嫌われたりしたくないという気持ちからだったりするのですが、どちらの理由がメインであれ、それは誰もが持っている「防衛本能」のようなものであり、むしろ、出会いの場で、いきなりありのままの自分をさらけ出せる人の方が稀でしょう。

そうして当初は隠していた部分も、交際が長くなるにつれ少しずつ姿を現すようになり、互いにさまざまな面を知ることで更に愛情や関係が深まってゆくものなのですが、そうして互いの関係が親密さを増しても、なかなか相手へと見せることができない面というものもあるのです。
それは、自分の脆い部分についてです。

男性であれ女性であれ、好きな人の前では身形だけでなく、常に格好をつけていたいと考えるものです。
そうして頑張ることは決して悪いことではありませんし、そうした、いわゆる「格好付け」な部分を愛しいと感じる人も多いでしょうし、そうしていることを理解しながら、見ない振りで、その頑張り振りを好ましいと思いながら眺めている人もいることでしょう。
ですが、そうした「頑張り」が崩れてしまうことがあるのが人間なのです。

相手に好ましく思ってもらおうと頑張ることは大切ですが、そうして「格好を付けたい」と考える根底には、相手を大切に思ったり、長く一緒に居続けたいという気持ちがあるからで、それは、あなたの側だけが持っている感情ではないはずです。

更には、もし、相手の方が「格好が付かない」事態に陥ってしまった時、あなたはそのことを理由に別れたり離れたりすることを考えはしないでしょう。
時に、頑張りが崩れてしまったり、挫けてしまったりする、そうした姿を受け入れられる関係こそが、格好良く、そして長く交際を続けるコツでもあるのではないでしょうか。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きな相手には格好つけたい!!でも本当はウィークポイントも丸ごと受け止めてもらいたい。そんな関係を築きたいですね。
2015.05.14