それもまた喜び

それもまた喜び出会いからしばらく経つと、出会いから間もなくとは違うさまざまな気持ちが芽生えてきます。
それは、やはり相手のことをより詳しく知りたいという気持ちが働いてのことなのですが、好きなものや趣味、大切にしていることなど、当初は主にポジティブな面について知りたいと考えていたのとは反対に、そうした時期になると、苦手なものや不快に感じるもの、更にはウィークポイントなどについても知りたいと思うようになるのが特徴です。

それは、相手のことを全部知りたいという欲求が湧くからでもありますし、自分の側にまだ見せていない部分があるように、相手にもそうした部分があるだろうということに気付いたり、思い出したりするからでもあります。
どちらにしろ、そこには「今よりも関係を深めたい、より強い絆を結びたい」という気持ちが根底にあることから、こうした考え方も、ある意味では「ポジティブな思考」ということができるかもしれません。

人間関係は全て、相手を理解しようという気持ちがあってこそ進展してゆくものですが、恋愛においてもそれは例外ではなく、むしろ、他の人間関係よりもそうした気持ちが強く働く関係だということができるかもしれません。
相手の弱いところであったりネガティブな部分であったりと、普通であれば人には見せたくない、隠しておきたいと思うような面を、自分にだけは見せて欲しい、自分だからこそ見せるのだと言って欲しい、その人の特別になりたいと強く思うのは、恋愛ならではのことなのではないでしょうか。

同じように、相手もまたあなたとの関係を深めるために、そしてより理解してゆくために、あなたのそうした部分を知りたいと考えているだろうということを心に留めておくことは大切なことです。
恋愛は、常に二人で関係を育ててゆくべきですし、あなたの側が「そうあって欲しい」と望んでいることは、相手もまた望んでいることだと考え、相手を気遣いながら進めてゆくことが大切なのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きな相手には格好つけたい!!でも本当はウィークポイントも丸ごと受け止めてもらいたい。そんな関係を築きたいですね。
2015.05.14