喧嘩両成敗

喧嘩両成敗出会いから間もなくの頃は、喧嘩をしてもすぐに仲直りができてしまうものです。
それは、相手に嫌われたくないという気持ちが強く働いているからでもありますし、この関係を壊したくないという気持ちからでもあるのでしょう。

怒った側にせよ、怒られた側にせよ、「売り言葉に買い言葉」という言葉があるように、どちらかが言い返さなければ成立しないのが喧嘩であり、「喧嘩両成敗」の謂れの通り、どちらかだけが悪いというものでもないのです。
確かに、原因はどちらかにあるのでしょうし、それを確かめる必要はありますが、喧嘩とは本来、他を巻き込んで行われるべきものではなく、それは街中を行く見知らぬ人たちであっても変わりません。

むしろ、そうした人たちは自分に関わりのない諍いを見せられることとなり、不愉快に感じていることでしょう。
そして、そうした場所での喧嘩は、互いに羞恥心をもたらし、関係を拗らせる可能性があることから注意が必要です。
どうしても収拾がつかない場合には、友人などを介して話をすることも大切ですが、まずは、人込みを避け、冷静になれるよう互いに努めることが大切です。

更には、感情的になっているだろう相手の話に耳を傾けることも大切です。
それはとても聞き取り辛く、自分の側が不快に感じる内容を含んでいることが多分にあるでしょうが、両方が熱をあげて言い合いを続けていては、せっかくのデートが水の泡になるだけでなく、今後の関係にも影響してきます。

何が起こったのか、どうして怒ったのかを正しく理解し、謝るべきところは謝り、誤解が生じているところは正し遺恨を残さない、これがデート中に始まってしまった喧嘩の場合には特に重要なことなのです。

感情が昂ぶっていることから拒否されることもあるでしょうが、「話を聞きます」と伝えることが重要で、出会いから時間が経ち、互いのことを理解できていると信じ合っていたカップルほどそうした努力をすることは大切ですし、そうして解決することがより深い絆を作ってもくれるのでお勧めです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:相手をどれだけ思い遣ることができるかが街中での喧嘩を収めるためには重要ですし、この先の二人の関係にも大きく関わります。
2015.06.05