嫉妬した時

嫉妬した時誰もが恋愛をしたら、多くの人が嫉妬というものを経験するでしょう。
ですが、嫉妬した時に「可愛くない」とか「うっとうしい」などといわれる人も多いようです。
さらには大げんかになって破局する、といった例も少なくはありません。
今回は、嫉妬時でもお互いの関係が上手くいきやすいすね方のコツを紹介します。

まずは、冷静になることが重要です。
間違っても出会い頭に嫉妬心を全開にぶつけてはいけません。
勢いのままに号泣したり、暴言を吐いてしまっては、関係が悪化する危険性が高くなります。
あくまで嫉妬は冷静にしなければなりません。
感情の高ぶりが抑えられそうにない時は、身体を動かしたり、音楽を聴いたりなどして、少しでも心を落ち着かせましょう。

可愛いすね方というのは見た目も重要になります。
泣きじゃくったり、眉間にしわが寄った顔を真正面から見ても、相手は不快感を覚えやすいです。
伏目にしていれば、素直に見られやすくなります。

しかし、態度や見た目が良くなっても、理由が重すぎたり、複雑すぎると相手は困惑しやすくなります。
理由は「ほかの異性の話ばかりする」とか簡潔な内容に絞って伝えましょう。
ただし、「すれ違った異性に目が行ってばかり」などの立証性に欠けるような理由は、「信じていない」などと思われやすいので、できるだけ控えましょう。

「嫉妬」イコール「好き」というのを相手に理解してもらうために、ギリギリ聞こえるくらいの音量で気持ちをアピールしましょう。
怒っているけれど、好きでしょうがないという気持ちが伝わることで、相手をキュンとさせることができます。

一日に何回もすねたりするのは、相手の心労を深めるだけです。
可愛いすね方をしても、それが何回も続けば、相手にイライラさせることになるだけです。
たまにすねるけれど、全体的に「寛容」な彼氏・彼女を目指しましょう。

最後に、すね終わったら、相手と出会い、遊び、付き合いだした時のことを二人で振り返ってみてください。
楽しかった思い出を再び共有することで、二人の関係はすねる前よりも良いものになっているでしょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:可愛いすね方とそうでないすね方、どちらをすれば相手に伝わり関係を親密に出来るのか考えてみましょう。
2015.06.19