よりよい恋をするための鉄則

よりよい恋をするための鉄則終わってしまった恋から次の恋へ進むとき、できればもっといい恋をしたいと誰しもが一度は願うはずです。
よりよい恋をするために必要なことは何か?そんな恋をするための鉄則をまとめました。
ここでチェックしたことを守れば、あなたの次の恋は前よりもっと楽しく素晴らしいものになるかもしれませんよ。

出会いの瞬間から、もしくは好きだと意識したときから、過去の相手のことは思い出さない努力をしましょう。
過去の経験は美化されることも多いものです。
新しい出会いがあったり、身近な異性を好きだと気付いたりした瞬間からしばらくは、過去の思い出は封印して目の前の相手に集中しましょう。

過去の恋愛を振り返って楽しかった思い出の場所やイベントを上書きしてしまいましょう。
思い出の場所ということで過去の相手を思い出すきっかけにもつながりますが、それ以上の思い出を作りよりよい恋にする絶好のチャンスです。
楽しかった思い出になっているということは、あなたにとってその場所が楽しめるところなのです。
過去の経験を存分に活かして楽しく過ごせる場所にどんどん出かけましょう。

昔の恋人と今の相手を比較してしまうことは誰にでもあることです。
しかし、新しい恋をよりよいものにしたいのであれば、比較をするときに無理やりでも新しい恋人のほうがいいという結論になるよう心がけてください。
比較をするときでなければ、過去の相手を全否定する必要はありませんが、比較したくなったら今の相手がよい、と思えるようにしましょう。

ここまでご紹介した鉄則は「過去の経験」という共通点があります。
思い出さないようにしたり、それを活かして今につなげたりと扱いはさまざまですが、よりよい恋をするためにはその経験をうまく扱う必要があります。
過去にとらわれずその経験をうまく活かしていけるようにするために重要なことは、新しい出会いや相手を大切にすることです。
今を大事にするために、あなたのこれまでの経験を活用していきましょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛は幸せな場合とつらい場合がありますが、どちらも糧となる経験であり、人間としても成長させるものです。
2015.07.17