目的を決めない

目的を決めない「デート」と耳にすると、さまざまな想い出が頭を過ぎると言う人は少なくないのではないでしょうか。
特に、出会いから間もない頃のデートについては、より鮮明に覚えていると言う人も多いことでしょう。
出会いから間もなくは互いについてできるだけ多くを知りたいと考える傾向にあり、だからこそ、相手の趣味や嗜好についての情報を引き出すべく、さまざまな場所でのデートをセッティングしたのではないでしょうか。

ですが、そうした時期を過ぎ、互いの好みについてある程度理解が深まってくると、なかなか新鮮な情報を得られなくなり、「さてどうしたものか」と頭を悩ませたこともあるのではありませんか。
それは、互いの好みに合わせた場所を選ぶようになったことで、予定調和な展開になってしまい、意外性のないデートが増えてしまったから感じることなのです。

そうした、少し関係が進んだカップルには、目的を定めずに始めるデートをお勧めします。
あらかじめイベントや映画の上映時間を調べて、それに合わせて食事やショッピングの時間を設けるといった「目的型」のデートではなく、行ったことのない場所へあえて行き、気の向くままにウィンドウショッピングをしたり、食事をしたりする「無目的」デートをしてみましょう。

そうしたデートの時には、いつもよりも感覚が研ぎ澄まされていることから、気になっているものへと目がとまったり、意識が向いたりしやすいものなのです。
そこから、最近は相手が何に対して関心を持っているのかを窺うことができますし、心境の変化なども知ることができるでしょう。

出会った当初とは印象が変わったり、好きなものが増えていたり、きっと新しい発見をもたらしてくれることでしょう。
ふらふらと、金魚が漂うように寄り道を重ねるデートは、たくさんの話題を提供してくれますし、映画を見たりイベントに参加する時のように時間を気にかける必要もないことから、少しばかり距離が縮まるので、デートがマンネリ化してきたと感じた時にはお勧めの方法でもあります。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:少し関係が進んだカップルには、目的を定めずに始めるのんびりデートで今まで発見したことのない相手の一面を知りましょう。
2015.08.21