肩の力を抜くこと

肩の力を抜くこと紹介などで出会い、交際へと進んで間もない時期は、「相手にだらしのない姿など見せられない」「恥ずかしくてカッコ悪いところは見られたくない」と考える人も多いでしょうが、打ち解けるにつれ、「そうした部分もあるのだということを知って欲しい」と思うようになってくるものです。

それは、「その程度のことでは嫌われない」という自信がついたからでもありますし、「受け入れてあげよう」という姿勢が相手にできてくるからでもあります。
もちろん、逆もまた然りです。

ですから、互いの嗜好や趣味、性格についての理解が進んでくると、互いに少しずつ素の自分を相手の前で表すようになってゆきます。
小出しにするのは、相手を驚かせないためであり、受け入れてくれることを確認するためでもあるのですが、多かれ少なかれ、人は誰でもルーズな部分を持っているものなので、余程のことがない限りはそれらを受け入れてくれるはずです。

むしろ、そんな気の抜けた部分があることを微笑ましく感じると言う人もいるでしょうし、そうした部分を見せてくれて安心したと言う人もいるかもしれません。
なぜなら、長く気を張って過ごすことを人はストレスだと感じ、それが募ると苛立つようになり、ケンカになってしまったりするからです。

ですから、関係がある程度深まってきたら、互いに肩の力を抜いて過ごすことが大切ですし、デートの方法もおしゃれをして外出するのではなく、互いが一番楽な状態で過ごせるお家デートの機会を増やすことが大切なのです。
旅行の計画を立てたり、おやつを食べながら身近な出来事について報告し合うのもいいでしょう。

ショッピングやイベント、映画などに行くと会話が弾むと考えている人も多いでしょうが、感想の述べ合いになっていることが多く、むしろ、部屋でゴロゴロしながら過ごす時の方が互いについての情報を得られる機会は多いのです。
そうした他愛ない会話の中にこそ相手の本音が隠れていたりするので、出会いから時間を経たカップルは、肩の力を抜いたお家デートの機会をぜひ設けてみてください。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:少し関係が進んだカップルには、目的を定めずに始めるのんびりデートで今まで発見したことのない相手の一面を知りましょう。
2015.08.21