まめさが肝心

まめさが肝心恋人が欲しい、交際の機会が欲しいと考えて出会いの場へと赴き、晴れて交際へと至ったものの、仕事が忙しくてなかなか親交を深めることができずにいると言う人は意外と多いのではないでしょうか。
サラリーマンであれば、残業も休日出勤も当たり前という考え方が広く浸透している日本という国にあっては、当然の権利である有給休暇を申請するにも気遣いが必要で、せっかくの出会いだというのに、ゆっくりデートをする時間も作れないと言う人も多いことでしょう。

そうした人の場合、せっかくの機会をふいにしてしまわないための努力が必要になってきます。
それは、「まめになること」です。
出会った相手が好ましい人であり、長く交際を続けたいと考えているのであれば、そうした努力を積極的にするべきでしょう。
では、どういった部分でまめになればいいのでしょうか。

近年は、SNSやメッセージアプリケーションの普及によって、簡単に連絡を取り合えるようになっています。
そうしたものを利用して、近況やデートの打ち合わせをすることもお勧めですし、時にはハガキなどを使って連絡を取ることもお勧めです。
何もかもがデジタル化している現代において、「手紙」というのは想いを伝える手段としては新鮮ですし、手書きの文字を繰り返し読むことができるというのも、相手にとっては新鮮なことなのではないでしょうか。

会ったり、話したりできる機会を楽しみにしていると書き添えることで、この交際をあなたが大切に思っていると伝えることもできますし、忙しい中時間を割いてそうしてくれたという事実は、相手に好印象を抱かせもするはずです。
ハガキ一枚分のスペースであれば、昼休みなどを利用して書くことも然程大変ではありませんし、ブックタイプの絵ハガキなどを購入しておけば、度々文具店などへ足を運ぶ必要もなく、手軽に手紙を出すことも可能になるでしょう。

デジタルの方が簡単で手早いことはどちらもが理解しているでしょうが、あえてアナログな手段を使うことによって、「想う気持ち」を表すことができるのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:仕事が忙しい人の恋愛はそのままコミュニケーション不足に終わらせない為に努力と工夫が必要です。
2015.09.11