急がば回れ

急がば回れ現代では、交際を始めるきっかけの多くは、出会いの場にあると言っても過言ではないのではないでしょうか。
恋人が欲しい、出会いの機会が欲しいと願っていても、忙しい現代人にはなかなかそうした機会は訪れず、社会人としての生活を送っているだけではなかなかそのチャンスに巡り会えることはありません。

ですから、同じように交際の機会を求めている人たちが集まる場へと足を向ける人は多く、そこで知り合った人と交際を始めたという人もまた多いことでしょう。
同じ目的を持った人たちが集まっているからといって、趣味や嗜好が合うとは限らず、そうした意味では、そうした場所で恋人ができたという人はラッキーだったのかもしれません。
ですが、問題は恋人ができてからなのではないでしょうか。

忙しくて恋人を作る機会がなかったと言う人の多くは、恋人ができたからといって急に自由時間が増える訳ではありません。
今までと同じ生活サイクルの中で、恋人とデートを楽しむ時間を捻出しなければならなくなるのですから、むしろより忙しくなることでしょう。
忙しくて会う時間がとれず、それが破たんの原因になったことがある人の場合、できるだけ早く関係を深めたい、絆を作りたいと考えるのではないでしょうか。

ですが、恋愛において焦りは禁物です。
もちろん、会うための時間を作る努力をすることや、SNSやメッセージアプリケーションなどを利用して密に連絡を取り合うことは大切ですが、それよりも大切なのは、親密になりたいという自分の希望ばかりを優先し、相手の都合を考えずに行動してしまったり連絡を取ってしまったりしないということです。

少しばかりの障害では破たんしない関係を築きたいという気持ちは分かりますが、そのために必要なのは、相手のペースを考えずに突き進むことではなく、相手を理解するための努力なのです。
「急がば回れ」という言葉の通り、互いを理解するための努力をし、そのために時間をかけること、これが親密な関係への近道なのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛は焦らないこと、より好きになってもらいたいならば、相手と理解しあうことに時間をかけてみましょう。
2015.10.02