らしさの捉え方

らしさの捉え方世の中には、「女性らしさ」や「男性らしさ」というものに価値を求める人がいまだ少なからず存在しています。
出会いの場で、そうしたことを交際相手の条件としてあげる人も、いまだいることでしょう。
それを、一概に「悪いこと」だということはできません。
なぜなら、そうした部分を持っていることは、あなたにとってマイナスなことではないからです。

出会いの場で、女性らしさや男性らしさを求められて、少なからず不快な気分になったという人も世の中にはいることでしょう。
男女平等は実現されるべきものですし、そうである世界は素晴らしいということができますが、それと、男性らしさや女性らしさを持っていることとは別問題なのだということを知っておいてください。

女性が、「女性らしさ」を持っているからといって、人としての価値が損なわれる訳ではありません。
むしろ、それは女性だからこそ持つことができる「スキル」だと考えるべきでしょう。
交際の段階で、「異性」として見られているのですから、ことさら「女性らしさ」を否定するのはむしろおかしいことではないでしょうか。
それは、男性の側にも同じことが言えます。

相手がそれを求めることに対して不快感を覚えるという人は、そのほかの部分で認めてもらいたいと考えている部分があるのかもしれません。
ですが、「らしさ」を持つことは、その「認めて欲しい部分」を否定するものではないので、切り離して考えるべきですし、認めて欲しい部分があるのであれば、あなたはそれを上手にアピールする方法を考えるべきでしょう。

アピールできる部分があり、さらに「らしさ」も兼ね備えているというのは、相手にとって喜ばしいことであるだけでなく、あなたにとってもプラスポイントになるのですから、率先して「らしさ」を行動で示すべきですし、そうすることで交際がスムーズに進展するのであれば、それを自分の魅力のひとつと考えるべきではないでしょうか。
自分が持つ「性」のらしさを、アピールポイントのひとつだと意識して、上手に表現したり行動で表したりすることがお勧めです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛という関係は、相手へのさり気ない気遣いで育ってゆくものですから当たり前と考えず、喜ばれる行動を考えましょう。
2016.04.19