恋愛と友情の違い

恋愛と友情の違い人によって、恋人にしたい女性のタイプはさまざまでしょうが、多くの人は、明るく元気な人がいいと考えているのではないでしょうか。
クールな女性や、かわいらしい女性がいいという人も少なくないでしょうが、出会いから直ぐに打ち解けて、さまざまなことを気さくに話し合うことができる、サバサバとした女性が好みだという人は意外と多いようです。

そうした女性とであれば、言いたいことを気軽に言い合うことができる、気がねなく過ごすことができると考える人は少なくないようで、出会いの場でも、そうした女性は人気のようです。
そうした場所では、「話しやすい」というイメージがなによりも大切で、だからこそ、そうした女性が人気になるのも頷けるというものです。

近頃は、恋愛に友情に近い関係を求める人も意外と多く、そうした人たちにとっては、かわいらしかったりセクシーだったりするよりも、友人のような、気さくなつき合いができる女性が交際相手としてはピッタリなのでしょう。
ですから、イベントなどの場でも、そうした女性の人気はずいぶんと高くなっているようです。

ですが、やはり「恋愛」である以上、友情とは関係が育ってゆく過程は違うのです。
互いについて理解を深めるために、情報交換を行うところも、労わり合ったり思い遣り合ったりすることで関係を深めてゆくことも、友情であっても恋愛であっても変わりませんが、互いを好きだからこそ、それが恋心だからこそ育つ関係や絆というものはありますし、「恋」なのであればそれは必ず両者ともが持っているはずなのです。

ですから、「サバサバした女性だから、友人のようなつき合いができるだろう」という、あなたの思惑を相手に押し付けることをしてはいけませんし、相手も同じように考えてくれるだろうなどと思ってはいけません。
交際を始めたということは、「互いが、互いに対して恋愛感情を抱き始めた」ということなのです。
ですから、相手の中には、「友情」ではなく、「恋心」があるのだということをきちんと自覚しなければなりません。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:出会いから直ぐに打ち解けることができるサバサバとした女性を交際相手に選んでも内面を深く知ることに努力しましょう。
2016.05.17