関係を深めるために

関係を深めるために出会いから間もない時期には、些細な好ましいところを見つけては、互いにほめ合っていたのではないでしょうか。
出会いから間もない時期は、できるだけ多くの情報交換を行って、互いについて理解し合うことが大切だとされていますが、それに加えて好ましいと思う部分をほめ合うことで、関係を深めてゆこうと考えてもいるのでしょう。
そうした行動は無意識なのかもしれませんが、やはりとても大切なことであり、重要なことでもあります。

ですが、関係が進んでくると、人はそうした「ほめ伸ばし」をしなくなってきます。
それは、時間が経ったことで、互いが、互いについての理解は十分に進んだと思い込んでしまうからであり、ほめ合うことなどしなくても、互いの間にある好意は揺らがないという驕りが出てくるからでもあるようです。

ですが、元来、人間は「ほめられること」が好きな生きものです。
ほめられることでポジティブな気持ちを持つことができるという人は多く、そうされると嬉しいと感じる人も多いのです。
ですから、交際を始めてからどれだけ時間が経とうとも、互いの好ましい点を見つけたらほめ合うことが大切ですし、いままでに何度もほめたことのある事柄であっても、繰り返しほめるべきなのです。
なぜなら、ほめるという行為は、人間関係を円滑にする「潤滑剤」の役割をしてくれるものだからです。

関係を深めて、長く良好な関係を続けるためには、常に互いの好ましい点を見つけてほめる努力をするべきですし、それはとても大切なことなのだということを心に留めておくべきなのです。
こうしたことを心がけないカップルは、倦怠期などに陥りやすいと言われていますし、「理解し合えている」という思い込みが災いして、関係が破たんしてしまうこともあるので注意が必要です。

いま以上に、関係を深めたい、より良い関係であり続けたいと願っているのであれば、互いの長所を見つけ合い、それをほめて伸ばし合うことがお勧めなのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:長所を伸ばすことは自分に自信を付ける方法でもあり、人間関係を円滑にもさせる効果があります。
2016.06.14