SNSの罠

SNSの罠交際している恋人の前の恋人の存在が気になることはごく自然な現象です。
好きな彼や彼女は自分と交際する前はどんな人が好きだったのか、出会いはどこだったのか、様々のことが気になりますよね。
そこでやってしまいがちなことといえば、SNSで元恋人を検索してしまうこと。
SNSで情報を公開しているということは、誰がいつ見ても良いと言っているということですね。
それをいいことに元恋人のフェイスブックを検索し、すみからすみまで情報をチェック。

現在住んでいる場所からよく行くお店、仕事や趣味まですべて把握したくなってしまいます。
そんなときは一回スマホを切って考えてみましょう。
万が一、元恋人がとてつもなく美人だったら?とんでもないエリートだったら?はたまた、あまり素敵なお顔ではなかったら?ニートだったら?どんなパターンだとしてもあなたは満足しないでしょう。
どんなパターンだとしてもあなたは元恋人を好きにはなれないでしょう。
では、元恋人のSNSをチェックする意味は?自分を元気付けたいから? 安心したいから?嫉妬したいから?どのパターンだとしてもそれを今の恋人が知ってしまった瞬間、どう思うのでしょうか。
あなたと出会う前の恋人がいたから今のあなたの恋人が存在するのです。
初デートでスムーズにお会計をしてくれたテクニックは元恋人から教わったのでは?ニコニコしながら話を聞いてくれたのは元恋人からの教訓なのでは?いずれにせよ、今の恋人を作り上げたのはあなたではなく歴代の元恋人たちなのです。
彼、彼女らに感謝はあっても嫉妬するのは大間違いです。

SNSで元恋人を検索する時間をやめ、恋人は元恋人からどんな素敵なことを学んで、自分に応用してくれているのかを考えてみましょう。
あなたとの出会いを果たす前の恋人はきっと今より魅力のない人だったのかも知れません。
SNSに一度ハマってしまうと怖いもので、SNSの地獄からなかなか抜け出せなくなってしまいます。
恋人の元恋人を申そうするのはこの辺でやめてみてはいかがですか?

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:元恋人の影は誰もがきになるところで間違ってはいませんが、嫉妬してしまう原因を考え相手を思いやりましょう。
2016.06.28