元恋人からの電話への対応

元恋人からの電話への対応のんびりとした土曜日の夜。
恋人の部屋で一緒にくつろいでいるときに着信が。
ふと見るとそこには元恋人の名前。
こんなプチハプニングに出くわしてしまった方も多いはず。
そんなときのあなたの対応はいかがでしょうか?電話をかけてきたのはあくまで元恋人側。
「電話にでないで。
なんでかけてきたの?代わって」などとヒステリックに怒ってしまったなんてことありませんか?せっかく良い雰囲気だったのに。
もしかして浮気をしてるのでは?定期的に連絡を取っているのでは?もしかしてまだ付き合っているのでは?なんてよからぬ妄想が膨らみます。

そしてその気持ちがとっさに怒りへと変わるのです。
嫉妬心から怒ってしまう気持ちは誰にでもありますが、そこは大人の対応として気づかないフリをしてあげましょう。
なぜかって?気が付いてその電話に関しての話し合いになることは何のメリットもないからです。
実際に電話をしてきたのが相手からなら尚更、二人が話し合うことは何もないのです。
一緒にいるときに電話が来てしまい、気まずい思いや申し訳ないと感じているのは、あなたではないはず。
今の関係よりさらに恋人との関係を深めたいなら、ここはひとつ大人になりトイレに立ったり、飲み物を入れなおしたりしてみてください。

あなたの大人な対応に、もしかして恋人の方から電話をかかってきたワケを話してくれるかもしれませんよ。
元恋人からの電話を二人の仲を深める出会いにしてみましょう。
あなたと出会う前の恋人にもあなたと同じように恋愛をし、誰かを愛したことということはめずらしくありません。

あなたとの出会いがはじめて?そんなワケもありません。
元恋人からの電話ひとつに感情が振り回されているということは、実は問題はそこではなく今現在の二人の関係に問題があるのではないでしょうか?些細なことでの嫉妬やイラつきの原因を今一度キチンと考え直すチャンスかもしれませんね。

これをきっかけに、嫉妬してしまう原因は何なのかを考え、相手を思いやる気持ちをもってみましょう。
あなたが恋人を思うように、周りの人もあなたの恋人を素敵な人と思っているはず。
些細なことで怒ってしまうと、誰かに取られてしまうかもしれませんよ。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:元恋人の影は誰もがきになるところで間違ってはいませんが、嫉妬してしまう原因を考え相手を思いやりましょう。
2016.06.28