女性と男性の違い

女性と男性の違い恋愛をする上で女性と男性の価値観は違うものです。
女性は新しく好きな人との出会いがあれば、前の恋人のことはすっかり忘れ、好きになった人に夢中になります。
どうしてあんなに前の恋人を引きずっていたのか、自分自身でも分からなくなってしまうほどです。
それに比べ、男性は新しい恋人に出会っても、心のどこかで昔の恋人と比べてしまう生き物。
どちらが良いか悩んでいるわけではなく、単純に比べているだけなのです。

元恋人はこうだった、元恋人はああだったと恋愛の基準が過去の女性なのです。
すべてを過去の女性中心に考えます。
元彼女は料理ができたから、女性は料理ができるのが当然だ。
元彼女は近所のコンビ二へいく時もお化粧をしていたのですっぴんで出歩くことはおかしなこと。
などと勝手な女性に対する妄想を抱いてしまいます。
ただ、女性の怖い部分は、もし新しく素敵な男性に出会ってしまった場合、恋人を捨てて新しい男性のもとへ行ってしまう可能性が高い事です。
過去の男性のことなど一切思い出しもせず、出会いも間もない目の前に現れた素敵な男性に夢中になります。

それどころか過去の男性のどこが良かったのかなんて考えだすかも知れません。
それにひきかえ男性の怖い部分は、日常的に元恋人のことを思い出しているということです。
恋人が帰った後、ひっそり元恋人に連絡を取っているなんてこともあり得ますね。
とっくに別れたはずの彼女がもしかしてまだ自分を好きなのではないか?と妄想してる生き物なんです。
そんなわけがないのに不思議ですよね。

女性は元恋人を縦に並べる、男性は横に並べるということはつまりこういうことです。
また、女性はストレートな生き物。
男性は口下手な生き物。
好きという表現方法も様々で、言葉に出して愛の言葉をささやいてほしい思う女性に引き換え男性は、日常の行動で恋人に対しての愛情をしめしているので、あえて言葉に出して伝えたがりません。

こんなに常に一緒にいるのだから自分の気持ちを理解してくれているのだろう、毎回食事をご馳走しているのだから、自分の気持ちに気がついているであろうなど勝手に理解を求めてきます。

男女の揉め事は些細なことではじまるケースが多いというのも、お互いの性質を知らないからです。
きちんとお互いの性質を分かっていれば、上手に恋愛が進みやすくなります。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:元恋人の影は誰もがきになるところで間違ってはいませんが、嫉妬してしまう原因を考え相手を思いやりましょう。
2016.06.28