思わず喧嘩をした時

思わず喧嘩をした時出会いから仲良く付き合っていても、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。
それは衝動的に行ってしまうこともあり、次のデートで会うと気まずくなってしまうこともあります。
そこで、仲直りをするために色々と思考を巡らせて良い方法を考えると思いますが、あくまでも自分からは謝罪しないと意地を張って長引かせるのはいけません。
そこで、普段から意固地にならず素直に謝る習慣を付けておくと仲直りしやすくなります。

意地を張るのを止めたくても難しい時、最初に自分の考えを変えていくことが重要です。
相手は自分とは異なる人間であり、そこを理解して性格を見つめ直してみることから始めてみてはいかがでしょうか。
二人の価値観が100パーセント合致することは決してないと考えておきましょう。
生い立ちから始まり異なる人生経験をしてきた二人ですから、意見の違いが出てしまうのも当然です。
その点を理解しながら喧嘩の原因を考えて歩み寄っていきましょう。
すると、考え方が異なるのは当然のことなのだと思えるはずです。

もしも相手が強情な性格であれば、仲直りをしたくても歩み寄ってこないこともあります。
そのような時は優しさを発揮すると相手に効果的で、こちらが歩み寄って少し大人の対応で接するようにしましょう。
このような対応が仲直りのきっかけを生み、どうして怒ってしまい喧嘩になったのかその理由も伝えられれば関係の修復も早められるでしょう。

そして何よりも事前に、相手の性格を考慮しなければなりません。
そこから仲直りに向けて対策を考えていくことが一番大切な点です。
相手の気持ちを着実にほぐす方法を考えて、自分から先に謝ることが重要なのです。
あなたのその態度に相手は寛容な気持ちで接してくれるはずです。
そのように二人の関係を良好なものにしていく努力をお互いが自然とできるような間柄になれるようにしていきましょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛関係であっても喧嘩はつきものであり起こってしまった場合は、自分の感情を相手にぶつけるのではなく、一度冷静に落ち着いてから話し合うことが大切です。
2017.04.06