恋ではなく愛する恋愛を

恋ではなく愛する恋愛を誰かを好きになって交際がスタートした場合、いつか別れるときが来ます。
出会いがあれば別れも必ず訪れるものです。
少し話が大きくなってしまいましたが、必ず別れがやってくる恋愛で後悔しないためにはどうしたらいいのでしょうか。

恋愛を「恋」と「愛」に分けて考えてみましょう。
恋愛という言葉は「恋」と「愛」の二つから成り立っています。
どちらも似たような意味合いと思われるでしょうが、その中身は実は違っているのです。

「素敵な人と出会い、恋に落ちる」など、恋愛が始まった初期の頃の感情を「恋」と呼ぶことが多いでしょう。
「恋い焦がれる」という言葉もありますから、どちらかというと恋愛に至らない片想いのときにも当てはまります。
それに対して「愛」は、すでに恋愛関係が成熟に向かう頃の感情に当てはまるのではないでしょうか。
「無償の愛」とよく言われますが、相手に対して代償を求めず、真心を捧げることです。
恋愛をするなら、無償の愛を捧げられるような相手としたいものです。

恋愛というのはある意味、自己責任の世界です。
ですから、乱暴な言い方をすれば自分が好きでやっているということです。
そう思えば相手との気持ちの相違やすれ違い、その結果がどうなろうと自分の中で納得できるのではないでしょうか。
たとえ失敗しても後悔はしないでしょう。
むしろ、良い勉強をさせてもらったと相手に感謝の気持ちを抱けるはずです。
恋ではなく、愛する恋愛を心がけましょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛で後悔しないためには頃合いを見計らい過ぎてストップするよりも果敢に攻めることが大事ですので、気になる相手にはアタックしていきましょう。
2017.06.15