あきらめるべき恋もある

あきらめるべき恋もある好きな人と交際したい、恋人になりたいと誰もが思うものです。
心底好きになった人と恋人関係になるのは理想の恋愛の形、至上の喜びと言ってもいいでしょう。
しかし、自分の理想の恋愛、喜びのためにただ愛に突き進んでもいいのかというと、そういうわけではありません。

恋愛で後悔しないためには、好きになってもいい人を見極めなくてはいけないのです。
当たり前のことですが、相手がすでに他の人と付き合っている、あるいはすでに結婚しているという場合、こちらの恋愛感情は一生心の内にしまっておいた方が良いでしょう。
なぜなら、その恋が成就する可能性はほとんどないからです。
自分の願いだけを押し通そうとすると必ず誰かが不幸になります。
誰か一人というわけではなく、その恋に関わった全員が不幸になる可能性すらあるのです。

人との出会いというのは様々です。
好きになった人がすでに恋人がいる、もしくは既婚者であったという場合はきれいさっぱりあきらめた方がお互いにいいでしょう。
「恋愛は自己責任だ」という意見もありますが「自分さえ良ければいい」ということではありません。
後で後悔しないためにも、相手の事情や気持ちは尊重すべきです。
恋愛は自己責任ですが、誰かを不幸にするためのものではありません。

また、今回たまたま好きになっただけで、魅力的な異性はその人だけではありません。
世の中には他にも素敵な人がたくさんいるということを忘れないようにしましょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛で後悔しないためには頃合いを見計らい過ぎてストップするよりも果敢に攻めることが大事ですので、気になる相手にはアタックしていきましょう。
2017.06.15