心に余裕を持つ

心に余裕を持つ素敵な人と出会い恋に落ち、できることなら、好きな人と交際するチャンスがほしいと考えている人は多いでしょう。
もし、その好きな人が失恋してしまった場合、どんな行動に出ればいいでしょうか。
すぐさまアプローチを始めるべきか、それともしばらくは様子を窺うべきでしょうか。

特に誰という目的がないまま合コンなど出会いの場へ足を運んでみた場合であっても、参加者であれば誰でもいい訳ではなく、やはり自分の好ましいと思うタイプと交際したいものです。
「好き」や「好ましい」という気持ちがなければ、「交際したい」という気持ちも湧いてはこないでしょう。
そこで、諦めかけていた好きな人がフリーになったとしたら、すぐにでも交際を申し込みたい、交際してほしいと息巻くかもしれません。
チャンスを待っていた期間が長ければそうした気持ちを抱くのも当然ですが、そこで相手の気持ちを考えずに突き進むことは危険なのでやめておいた方がいいでしょう。

失恋直後は誰でも心の整理にいくらかの時間を要します。
すぐに整理できてしまえる人もいれば、長く時間がかかる人もいます。
そんな気持ちの整理中に「新しい恋を始めましょう」と誘っても、前向きに交際を考えられる人は少ないでしょう。
他のライバルに先を越されてしまわないかと心配で、どうしても気持ちを伝えておきたいというのであれば、携帯のメッセージなどで自分の好意と、気持ちの整理がついたら交際を考えてみてほしいという考えを伝えるにとどめておく程度にすべきです。
失恋したばかりの相手に積極的にアプローチしたり、何度も返事を催促することは逆効果ですから、それだけを伝えた後はしばらく静観しましょう。

先にも書いたように、「好き」や「好ましい」という気持ちが相手の中にも芽生えなければ交際は成立しません。
相手にそんな気持ちを持って欲しいのであれば、しつこくしないことが大切です。
相手が心の整理をするまで待つという気持ちの余裕を持ちましょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きな人が失恋した時は、ここぞというようにアタックするのではなく、相手の気持ちを考慮しつつメールなどでどのような心理状態かを探ってからアプローチしましょう。
2017.07.17