失恋した相手への思いやり

失恋した相手への思いやり世の中には、ロマンチックな出会いから始まったものの上手くいかない恋があったり、反対に何気ない出会いを経て長く添い遂げる愛もあったりします。
現在交際している相手と、どちらの道をたどることになるのかということは誰にも分かりません。
「あの人には恋人がいるから」と諦めた恋心が、そこで終わってしまうのかどうかも同様です。

恋人との破局というと、どちらか一方に原因があって関係が破たんするものだというイメージが根強いですが、ほとんどの場合、カップルの両方が少しずつお互いへの思いやりを欠いた結果、破局するのです。
どちらかが悪い訳ではない、そのことに気づかなければ、関係の修復はできないでしょう。
気づけないからこそ失恋が訪れ、気づけないからこそ、人は「自分の何が悪かったのだろう」と自分のことばかり責めてしまうものなのです。

そんな失恋の傷を負ったばかりの人にとって、新しい恋を始めることはとても勇気がいることでしょう。
だからこそ、そこで「あなたに想いを寄せています」と伝えることは効果があるのです。
人から好意を伝えられることにより、「自分にだけ悪いところがあった訳ではないのではないか」と思えること、「今の自分を好きになってくれる人がいる」という勇気を持つこともできるからです。
もし「あの人には好きな人がいるから」とかつて諦めた恋の相手がフリーになってしまったのであれば、一度はアプローチをしてみるべきでしょう。
もちろん、その時点で恋心がまだ冷めてしまっていなければの話ですが。

人と人が気持ちで繋がる恋愛関係は、二人に関係を保とうという気持ちがお互いになければ、あっという間に壊れてしまいます。
交際相手とはお互いを気遣い、労わり合うこと、お互いがそれを意識し続けることが大切なのです。
失恋をしたということは、元恋人に対してその気持ちを欠いてしまったということです。
アプローチが上手くいって二人の関係が深まった際には、そのことについて一度話し合ってみるのもいいのではないでしょうか。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きな人が失恋した時は、ここぞというようにアタックするのではなく、相手の気持ちを考慮しつつメールなどでどのような心理状態かを探ってからアプローチしましょう。
2017.07.17