恋人の条件

恋人の条件合コンや婚活パーティーなどの出会いの場では、情報収集のために使うことができる時間は限られています。
その中でいかに自分好みの異性を見つけられるか、相手に近づけるかが重要ですが、それは外見に限ったことではなく性格についても言えるでしょう。
合コンなどの限られた時間では相手の性格までは見抜けないと思われるもしれませんが、何気ない言動に性格は現れるものです。
「無くて七癖」などと言われるように、人は知らず知らずのうちに、自分に関する情報を表へと出してしまっているのです。
そうしたポイントを上手く押さえることができれば、素敵な相手を見つけることもそう難しいことではないでしょう。
出会いの場で好ましく思える相手と近づけた場合は、その仕草や言葉に注意を払って観察することをお勧めします。

例えば、「恋人には甘やかしてほしい」「自分の世話を焼いてくれるような人がタイプ」だという人は、あえて手ぶらの状態、グラスが空いた状態で相手にアプローチを始めてみましょう。
飲み物や食べ物を持っていない事に対して気遣いを見せてくれたり、実際に取りに行ってくれたりする人は、おおむね世話焼きの性格の人です。
そんな恋人が欲しいと考えている人にはぴったりの相手だと言えるでしょう。
また、相手の言葉遣いなどからも、世話好きや、誰かを甘やかすことが好きな人かどうか分かるものです。

もしも相手の言動からそうした情報を得られない、相手を探るようなことは苦手だという人は、ストレートに尋ねてみてもいいのではないでしょうか。
しかし、その際には言葉の選び方に気をつけなければなりません。
往々にして、世話焼きな人は、自分のことを「世話焼き」と称しても、人からそう称されるといい印象を持たないものです。
「自分は甘ったれな性格で」「世話を焼かれたいタイプなので」などと自己紹介しては、印象が悪くなってしまうだけです。
「恋人を甘やかしてくれる人が好きです」「包容力のある人がタイプです」など、自分の性格ではなく、恋人に求める性格として伝える方がいいでしょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:相手を尊重しながら気遣い世話を焼くような恋人とめぐり逢えたら幸せですが、自己満足で焼きすぎるような相手であれば話し合い適切な加減を恋人の条件ましょう。
2017.11.30