二人の関係を育む一言

二人の関係を育む一言素敵な人と出会い、晴れて恋人関係へ至ったともなれば、この先も長く良好な関係を築いていきたいと思うと同時に、「相手に嫌われたくない、もっと自分を好きになって欲しい」と願うのではないでしょうか。
そうした気持ちを持つのは自然なことですし、せっかく得た出会いとチャンスを水の泡に帰すようなことはしたくないと考える人が多いのは当然でしょう。
ですが、とにかく嫌われたくないという気持ちから、自分の思ったことや感じたことを言わずに溜め込んでしまうのは問題です。
運が悪ければそれが原因で破局ということにもなりかねません。
相手と良い関係を築きたいのであれば、自分がどうして欲しいと思っているのか、相手にどうあって欲しいと思っているのか、さらに相手は自分にどうして欲しいと思っているのかということについて二人でしっかり話し合うことをお勧めします。

そんな機会に相手の趣味や嗜好について指摘したり、否定的な意見を述べたりすることはもちろんご法度ですが、必要以上に世話を焼いてくる恋人に対しては、自分には自分のペースがあるということを伝えるべきでしょう。
しかし、あくまで角が立たないよう、言い回しに気をつけなくてはいけません。
交際がスタートしてすぐの頃には、「とにかく恋人のために何かをしたい」という気持ちになる人は多いものです。
なので、相手が元から世話焼きの性格なのか、恋人ができて浮き立つ気持ちがそうさせているのかを見極める必要もあるでしょう。

二人の関係を育むためには、お互いを思いやり、労わり合うことが大切です。
だからといって、自分の気持ちを押し殺してしまってはいけません。
むしろ、しっかりと気持ちを伝え合うことが重要なのです。
そこでどんな風に伝えれば相手を傷つけずに済むかを考える必要がありますが、恋愛関係において恋人からの一言はとても重みのあるものです。
相手に向ける言葉は慎重に選びましょう。
それができるようになるためにも、まずはお互いについての理解を深め、恋人の物事に対する考え方や受け止め方について知る必要があります。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:相手を尊重しながら気遣い世話を焼くような恋人とめぐり逢えたら幸せですが、自己満足で焼きすぎるような相手であれば話し合い適切な加減を二人の関係を育む一言ましょう。
2017.11.30