好きと嫌いは紙一重

好きと嫌いは紙一重誰でも好きになれるような素敵な人と出会いたい、そしてできれば恋人として付き合いたいと考えるものです。
最初から嫌いな人と付き合いたいなど思う人はいないでしょう。
ところが、この「好き」と「嫌い」という感情は実はとても近いものであるとご存知でしょうか。
「好き」と「嫌い」、どちらの感情も相手に対して関心があるから湧いてくるものです。
例えば何の感情も感じない相手なら、特に好きになることも嫌いになることもないでしょう。
「好き」の反対は「嫌い」ではなくて、「無関心」だからです。
「好き」「嫌い」の感情は、第一印象や思い込みから生まれることも少なくありません。
いつもカッコつけているだけの中身のない人だと思っていたら実はとても親孝行だったり、真面目で爽やかな印象だった人が意外と意地悪だったり、他人の意外な一面に驚いた経験がある人もいるのではないでしょうか。
いつも見ている、知っている顔と違う一面を目の当たりにして、相手に対する感情が「好き」から「嫌い」に、「嫌い」から「好き」へと一気に変わったりするのが人間の面白いところです。

誰かに対して「好き」とか「嫌い」という感情を抱いた時は、その感情は思い込みにすぎないかもしれない、と一歩引いて冷静に観察してみてはいかがでしょうか。
どちらにせよ、大きく感情が揺さぶられる相手とは、自分の中の何かが惹きつけられているのです。
認めたくないかもしれませんが「嫌い」な相手の「嫌い」な部分は自分の中の嫌いな部分とどこか似ていたりすることも多いものです。
そこを認められると、二人の関係は大きく変化するかもしれません。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きと嫌いは表裏一体の近しいもの。第一印象で異性に抱いた感情はその後も変化しますので、「嫌い」だからと拒絶するのではなく客観的に相手を観察していき心の動向を感じましょう。
2018.02.01