嫌いなはずなのに気になる人

嫌いなはずなのに気になる人人は、時に恋愛対象として考えられないようなタイプの人を好きになってしまうことがあるものです。
あんな相手との出会いを運命だなどと思うはずがない、と自分が「嫌い」だと思っていた人を突然「好き」になってしまうなんてことはあり得ない話ではないのです。

そもそも人は第一印象をもとに目の前の相手を判断するものです。
出会った時の第一印象が最悪だった場合、その印象を後々まで引きずってしまい、その人本来の姿や良さが見えなくなってしまうこともあるでしょう。
逆に第一印象が良ければ、多少の短所などもあっさり受け入れてしまい、相手に魅かれるのです。

誰かを「好き」「嫌い」になる感情、実はこの二つの感情はコインの表と裏と言ってもいいくらい、表裏一体の近しいものなのです。
どちらの感情も自分が相手に対して関心がある場合にしか出てこないからです。
「好き」の反対を「嫌い」だと思っている人も多いかもしれませんが、実際は「好き」「嫌い」の反対は「無関心」なのです。
「好き」な相手に注目するのはもちろん、関心があるから「嫌い」な人の言動が気になるのです。
ただ、相手のことを嫌いだと思って接していると相手の嫌いな部分しか見えません。
何かのきっかけで「嫌い」と思っていた人が、本当は素敵な人だったのだと気付いた時、恋に落ちる可能性は十分考えられます。

そんな相手に心当たりがある人は、「嫌い」と思っている相手の良いところを意識的に探してみてはいかがでしょうか。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きと嫌いは表裏一体の近しいもの。第一印象で異性に抱いた感情はその後も変化しますので、「嫌い」だからと拒絶するのではなく客観的に相手を観察していき心の動向を感じましょう。
2018.02.01