何を信じるべきか

何を信じるべきか他人同士の二人が出会い、距離を縮めて交際に至る、好きな人とカップルになることは運命的で素敵な出来事です。
特に長い間独り身で、出会いを求めて行動していたような人は、待望の恋人ができたとなれば周囲に自慢したくなるはずです。
愛する恋人を知人に紹介したくなるのは自然なことでしょう。
ところが、恋人を知人に紹介したところ、思わぬ辛口な評価が返ってきてしまった経験がある人は意外と多いのではないでしょうか。

「他人の不幸は蜜の味」などとよく言われますが、これは不幸な状況の他人を見ることで人が自尊心を満たし、優越感を得る精神状態を指すものです。
裏を返せば、人は他人が幸せな状態を見ると自分が劣っていると感じて妬ましくなるものなのです。
これは特に同性になるとより強くなる傾向があります。
つまり、幸せいっぱいのあなたから恋人を紹介された、その相手は無意識のうちに、劣等感、妬みの感情を募らせてしまうのです。
そんな気持ちで見た相手に、公正な評価が下せるはずがありません。

恋人を同性から酷評された時は、本音半分、嫉妬半分と考えましょう。
「友人としての良心からくる評価」が半分、「妬みの気持ちからくる意地悪な評価」が半分だと考えれば腹も立ちません。
危険なのはそれを鵜呑みにして、自分の意識を変えてしまうことです。
嫉妬している人からの評価を、大切な恋人に照合する必要はありません。

交際関係が深まらなければ、恋人の実際の姿は見えてこないものです。
他人の評価ばかり気にしていては、あなたが持っている恋人への愛情を否定することにもつながりかねません。
外野の第三者がなんと言おうと、まずは自分の素直な気持ちを信じましょう。
もちろん、相手が本当に心配して言ってくれているか、ただの妬みなのかをきちんと判断して受け止めることも必要ですが。

恋人を誰かに紹介する際には、すぐに相手に評価を聞くのではなく、あえて時間を置いてから聞くことをお勧めします。
その方が相手も冷静になれるでしょうし、あなた自身も落ち着いて聞くことができるでしょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:女性は嫉妬する生き物。自慢の恋人を紹介しても必ずしも祝福されるとは限りませんので鵜呑みにはせず、言われたことにはきちんと判断しましょう。
2018.04.11