評価を受け止める心の余裕

評価を受け止める心の余裕縁あって素敵な異性と出会い、恋人同士になれたともなれば、愛するパートナーを周囲に紹介したいと考えるのは自然なことです。
真っ先に家族に紹介する生真面目な人もいますが、まず友人知人などに紹介することが多いかもしれません。
そこには「恋人を自慢したい」という気持ちが根底にあるのではないでしょうか。
素敵な出会いを求めてずっと恋活や婚活をがんばっていた人なら、ようやくできた恋人はつい自慢したくなるはずです。

ですが、恋人を周囲に紹介したことによって、その幸せ気分に水を差されてしまう可能性もあるということは心にとめておくべきでしょう。
人は他人の幸せを無意識に妬んでしまう傾向があります。
また、その感情は異性に対するものよりも同性に対する方が厳しくなるのです。
もし、恋人を友人知人に会わせることになった時は「辛口の評価をされるかもしれない」と、あらかじめ覚悟をしておきましょう。

もちろん、周囲に恋人を紹介することは、悪いことではありません。
問題は周囲からの評価やアドバイスを受け入れる心の余裕が自分にあるかどうかです。
自分の恋人を評価されて「なるほど、そうか」と受け止め、逆に受け流すこともできるのなら、紹介した甲斐もあるでしょう。
ですが「よく知りもしないで、大きなお世話だ」と憤慨して終わるだけなら、始めから紹介などしない方がお互いのためです。
「よく知りもしない」というのは、恋人同士とはいえ自分も同じではないでしょうか。
相手を愛しているのなら、自分とは違った見方をする人の意見を聞くことも大切な機会です。
自分が気づかなかったことに気づくきっかけになるかもしれません。

これから同性の友人知人に恋人を紹介しようと考えている人は、辛口評価をされるかもしれないと覚悟するべきです。
そしてその意見を広い心で受け止め、恋人とより良い関係を築くきっかけにしましょう。
それができる自信がない人は、恋人を周囲に紹介するのは控えた方がいいでしょう。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:女性は嫉妬する生き物。自慢の恋人を紹介しても必ずしも祝福されるとは限りませんので鵜呑みにはせず、言われたことにはきちんと判断しましょう。
2018.04.11