理想があっても恋は現実

理想があっても恋は現実「付き合うならどんな人がいいですか」と問われた時、「黒髪ストレートの清楚な雰囲気の女性が好き」だとか「優しくて頼りがいがあって、家族と仲良くしてくれる男性がいい」だとか、普通は見た目や性格、または相性などについて理想を語る人が多いでしょう。
こだわりがある人だと、細かい理想の条件がずらずらとあったり、漫画のキャラクターや映画の登場人物が理想だと言ってはばからない人もいるものです。

しかし、人が実際に恋に落ちる時、自分の理想そのままの異性と交際に至った人はどれだけいるでしょうか。
大なり小なり好きな異性の好みや理想はあっても、実際に現在付き合っている恋人がそれにぴったり一致しているというカップルは少ないはずです。
あくまで理想の相手を探し続けるという熱意に燃える人もいるかもしれませんが、日常の中で素敵な相手と出会い、交際に至ったカップルの大半は「自分の恋人は自分の理想とは違うけど、それでも相手を好きになったから交際している」と思っているのではないでしょうか。

人には誰でも理想のタイプや好みがありますが、それと同時にそんな理想の人は現実に存在しないだろうということも大半の人は理解しているものです。
どんなに想像を膨らませた理想が脳内にあったとしても、人が人を好きになる瞬間は現実の世界にしかありません。
「今付き合っている彼女の理想のタイプは自分と違う」「彼氏が好きなアイドルと自分は全然似ていない」などと考えて自分に自信を持てていない人は、理想と現実のギャップがあるからといって悩む必要はありません。
理想はあくまで理想、今目の前のあなたに恋人が抱いている愛情は現実なのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:人を好きになる瞬間、ある日突然自分の気持ちに気づいた時、理想のタイプに出会えた時、相手の違う一面を見た時。不意に訪れたキッカケをそのままにしないようにしましょう。
2018.05.31