過去と現在を比べるのは無意味

過去と現在を比べるのは無意味縁あって魅力的な人と出会い、親しくなったのに、目の前の相手と過去の恋人をつい無意識に比較してしまう、以前の恋愛との違いが気になってしまう…、そんな経験はないでしょうか。
よほど過去の恋が充実していたのか、それとも現在の恋人が不甲斐ないのかは本人にしかわかりませんが、そんな悩みを抱えている人は、過去の記憶は美化されがちだということを心しておくべきでしょう。

そもそも、過去の恋人と現在の恋人を比較することは大変失礼ですし、アンフェアなことです。
例え無意識でも、そんな風に考えないよう気をつけましょう。
大抵の場合、ふと思い出す過去の記憶は、確実に実際の出来事よりも美化されています。
都合の良い甘い思い出に惑わされていては、今の恋人の本当の良さも見えなくなるものです。

現在交際している相手とは、これから二人の努力次第でいくらでも絆を深め、長い付き合いを続けていけるでしょう。
すでに終わった過去の相手とあれこれ比較したところで、無意味なのです。
意味のないことに時間や気持ちを割く余裕があるのなら、その分、今の相手との信頼関係や絆を深めるために使うことをお勧めします。
恋人として、相手との交際を決めたからにはそうするべきです。
過去の恋人との関係をしのぐほどの絆を育むためには、積極的にデートして会話を交わし、お互いの理解を深め合う努力しましょう。
目の前の相手と真剣に向き合い、強い絆で結ばれていれば、過去の記憶に心を奪われることもなくなるはずです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:過去は美化されるものであり、素敵だと思いこんでいる過去の恋愛は執着する必要性はありません。新しい恋を遠ざけることなく一歩踏み出して素敵な人と出会っていきましょう。
2018.08.02