あえて一人になる

あえて一人になる良い出会いに恵まれると、相手ともっと仲良くなりたい、これからも長く付き合っていきたいと思うでしょう。
好きな人とできるだけ多くの時間を共有したい、一緒にいたい、デートしたいと考えるのは自然なことです。
しかし、どんなに大好きな食べものでも、毎日そればかり食べていればすぐ飽きてしまうのではないでしょうか。
つまり、どんなに大好きな人でも、四六時中一緒に過ごしているとそのことに慣れてしまいかねないということです。
時には、一人になる時間を作る配慮が必要でしょう。

「こんなにラブラブなのに、一緒にいることに飽きたり、慣れたりするはずがない。
だからずっと一緒にいたい」と言う人もいるかもしれませんが、あなたと相手が同じように感じているとは限りません。
そもそも人は一人で過ごす時間に、様々な気持ちをリセットし、リフレッシュできるものです。
いつまでもお互いに新鮮な気持ちを忘れないでいたいのなら、一度は配慮すべきでしょう。

実は、相手に配慮することは、好きだという気持ちを表すための効果的な方法なのです。
あえて離れる時間を作ることによって、相手はあなたのことを考える時間ができます。
相手を思うこと、それは一緒にいる時間が多ければ多いほど実は減ってしまうものなのではないでしょうか。
「ここにいない誰かを思う」ということは、会いたい、話したい、と好意を強めてくれるでしょう。
好きな人ともっと仲良くなりたいのであれば、あえて一人で考える時間を作れるよう配慮することがお勧めなのです。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きな人とは四六時中いたいという考えは、素敵なことなのでしょうか。相手も自分もプライベートな時間があるからこそ一緒にいられる時間が大切と思うのです。
2018.12.13