相手を困らせる前に

相手を困らせる前に良い人と出会い、恋をすると、「恋がすべて」になってしまうタイプの人は少なくないものです。
空き時間があれば好きな人に会いたい、そして相手にもそうして欲しいと考えるのは、少々子供っぽいものの、愛する人と共にありたいと思うのは悪いことではありません。

ですが、時間は有限です。
加えて、社会人ともなれば仕事や都合もあるでしょうから、空いている時間すべてを恋人と過ごすために使うのは難しいでしょう。
それを悲しく思う人もいるかもしれませんが、そこでなんとかしてくれとねだるのは、相手を困らせてしまうので控えるべきです。
また、お互いに会いたいからと無理をして時間を作るのも、そのうち心身を疲弊させ、恋愛の楽しさすら忘れてしまいかねないので、こちらもお勧めできません。
あなたが相手を本当に好きで、相手にも自分を好きでいてほしいのなら、恋人のプライベートに配慮すべきでしょう。

二人が離れて過ごす時間をもったいない、イヤだと感じる人もいるかもしれませんが、離れて過ごすことにはメリットがあります。
それは、お互いが相手を思うことです。
「なにをしているだろう」「会いたいと思ってくれているだろうか」「早く会いたい」と、お互いが相手のことを思う、その切ない時間はお互いへの愛情を深めてくれるはずです。
そのための配慮をすることは決して二人にとってマイナスにはならないと言えるでしょう。
好きだからこそ、お互いのプライベートや一人の時間を大事にすることも必要です。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きな人とは四六時中いたいという考えは、素敵なことなのでしょうか。相手も自分もプライベートな時間があるからこそ一緒にいられる時間が大切と思うのです。
2018.12.13