長く付き合いたいのなら

長く付き合いたいのなら交際中の恋人への配慮、欠かしていませんか。
おそらく、二人が出会い、仲良くなって間もない時期は、好きな相手とできるだけ多くの時間を共に過ごしたいと考え、そうしていたでしょう。
しかし、一日の中で恋愛に使える時間や余裕は限られています。
二人の情熱的なロマンスが落ち着いたら、ここであえて会いたいという気持ちをぐっと堪えて、恋人が一人で自由に過ごせる時間を作ってあげてください。

「二人は愛し合っているんだから、お互い相手のために時間を割くべきだ」という意見もあるかもしれませんが、その考えは恋愛の寿命を縮めるだけです。
長く付き合っていたいのなら、自由に友人や家族と過ごし、雑用をこなせるような余裕を、お互いに持てるように配慮し合いましょう。

もちろん、好きな人と離れていると寂しいですし、相手がなにをしているのか気になるはずです。
しかし、そこがミソなのです。
「寂しい」と思うのは、相手のことを考えているということです。
その寂しさは、次に相手と会えた時の喜びを何倍にもしてくれますし、相手の大切さや、改めて相手を思いやる気持ちを呼び起こしてくれるでしょう。

好きなひとに電話をしたり会いに行ったりするのではなく、あえて「次に会える日を楽しみにしている」とメッセージを送る程度にとどめて、自分のことを「想ってもらう」時間を作ってみましょう。
相手への配慮は、もっと自分を好きになってもらうために効果的な方法であり、二人の絆を強める効果があります。

  • 連載数:全5回
  • 紹介文:好きな人とは四六時中いたいという考えは、素敵なことなのでしょうか。相手も自分もプライベートな時間があるからこそ一緒にいられる時間が大切と思うのです。
2018.12.13